インフォメーション

2024-05-24 08:00:00
2024年5月23日 今年最後の計画ドローン播種散布です。

今年最後の計画ドローン播種散布です。 

やっと実家の残り1.5haを散布です。

今年は、20a圃場を除いて全てカルブレンドコーティング籾で播種を行いました。

最後の1枚は、コーティングを施さない催芽籾で栽培テストです。

鳥害対策としてヒキゲンR-2を塗沫した為、籾が赤くなっています。

秋の収穫までコーティング籾との比較テストを行って行きます。

コーティング籾と遜色ない収量になれば、資材コストは一番安上がりです。

2024-05-23 20:37:00
5月22日 急遽除草剤散布依頼

4月に肥料、土壌改良剤の散布をした圃場の近くで、水稲栽培を営んでいる方へ名刺をお渡ししたら、急遽「除草剤1㎏粒剤を撒いて欲しい」と連絡を頂きました。

メールで対象圃場の農地地番を連絡頂いて、eMAFF農地ナビで圃場の場所と面積を確認します。

圃場が確認出来たら、GoogleMapに圃場の位置を登録し現地に向かいます。

周りは一面田んぼですから「どこの田んぼですか?」と言っても説明のしようもありませんし、目印もありません。

依頼者様より圃場を案内して頂く必要もありません。

現地で合流し、除草剤を受取り約2haを散布完了。

2024-05-14 20:58:00
5/11~12 埼玉県東松山市内にてドローン播種

5/11~12で埼玉県東松山市内にて、約5haの播種を行いました。

5/11は圃場のマッピング、離発着ポイントの確認、圃場の障害物などのリスクチェック。

マッピングは、今期新たに導入したリモートセイシングドローンXAG-M500で先ずは空撮。

Screenshot_20240511-155447.png

空撮した画像はクラウド経由で散布ドローンのアプリでダウンロード。

以前は一枚一枚圃場の周りを歩いて、マッピングしていましたが、撮影画像から直接マッピング登録。

撮影後直ぐに車の中で、今回の対象圃場をマッピング登録。

Screenshot_20240511-161037.png

マッピング精度も誤差数センチと高精度で、障害物設定等の飛行禁止エリアも登録も可能。

圃場の近くにペットなのか?家畜なのか?食材なのか?二頭のヤギも興味津々。

12日の天気予報では、午後から風が強くなる予報であった為、早朝より播種を開始し風が強くなるお昼過ぎには終了。

 

 

2024-05-09 20:27:00
5月2日 鉄コーティング籾播種

今年のGW期間中は天候も良く、播種依頼も順調作業が出来ました。

5/2は1.37haで鉄コーティング籾を播種しました。

 

2024-05-01 20:43:00
国土交通省DIPS2.0飛行計画通報

先日4/29に今年最初のドローン播種作業で、国土交通省DIPS2.0への飛行計画通報で、迷惑な計画者が出てきた。

ルールに基づいて、飛行計画を通報登録する事は必要だが、明らかに適当に飛行エリアを設定した無計画な通報は止めてもらいたい。

登録者は個人名@gmail.comで計画エリアはJR駅、新幹線、高速道路、高速SA(スマートIC)、小中学校、市役所、民家等を含む広範囲で長距離も最長約6㎞、飛行高さが1m、ハッキリ言って飛行させる気もないのに、練習がてら登録した感じ。

残念だが、時々この様な登録者はいる。

私の場合は圃場での飛行の為、計画エリアは対象圃場のみで行っています。

圃場が離れていた場合でも、それぞれでエリア登録しています。

飛行エリアを実際の特定場所で登録する事で、機体のニアミスやエリア重複が発生する事は無く、お互いが安心安全で飛行が出来る。

スライド2.JPG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...