インフォメーション

2024-04-14 23:02:00
農業用施設ハウス天井部への遮熱材散布

 

 

 

 

 

企業様からの依頼で、園芸施設ハウス天井部に遮熱材の塗布散布です。

施設はダッチライト型ガラスハウス(オランダ式ガラス温室)で、

面積は甲子園球場グランドより一回り大きな広さを2日間掛けて施工しました。

今回使用した資材はレディヒートという特殊遮熱材です。

IMG_20240412_075019610_MP.jpg

農業ハウスへ塗布する資材の多くは遮光剤であり、ビニール素材向けで夏場の日差しが強い時期に使用します。

今回使用したレディヒートは、作物に必要な光合成有効放射(PAR)を透過し、ガラス面への付着も可能です。

簡単に言うと、作物に必要な光は通すけど、温度上昇を抑えるという資材です。

作業2日目の朝に、前日に散布したエリアに入ると気温が3~4℃程下がっているのか、明らかに空気が違う事が体感出来ました。

2.png

今回の目的は、栽培環境改善でしたが、資材散布後に施設内で働いている方より、天井からの太陽光の当たり方が和らいで、作業がし易くなった。

いつもは作業途中で一回着替えるが、着替えが必要なくなった。

と想定していなかった作業環境の改善効果もある様です。

弊社では、今回使用したレディヒートの取扱も行っております。

農業用施設ハウスでお困りの方はお気軽にご連絡下さい。

 

2024-04-03 21:25:00
籾コーティングの続き

IMG_20240403_162240131.jpg IMG_20240403_122417123_HDR (1).jpg

2日前にヒキゲンをコーティングした籾を再コーティングします。

種籾重量10㎏に対してカルパ粉粒剤16を8㎏+カルブレンドパウダー2㎏でミックス粉剤を準備します。

乾燥させた籾10㎏をコーティングドラムに投入、スプレーで水を掛け、ミックス粉剤を塗します。

水スプレー⇒ミックス粉剤投入⇒水スプレー⇒ミックス粉剤投入と交互に繰り返していきます。

ビデオのミックス粉剤投入時に袋に書いてある数字は投入量(g)です。

約15分程グルグル回して、籾表面が凸凹した状態で完成。

実際の播種は5月GW~中旬頃、それまで保管です。

 

2024-04-01 18:14:00
種籾コーティング作業を開始

 コーティング粉末のミックス動画

IMG_20240401_160728201_MP.jpgIMG_20240401_161925514.jpgIMG_20240401_160650093.jpg

今年から、籾のコーティング剤をカルパからカルパ+カルブレンドのミックス剤に変更します。

昨年80aでテストし、委託でも2haを散布、準備作業の効率アップが図れます。

通常のカルパ・コート籾はコーティング1週間以内に播種しないと、コーティング剤が乾燥でボロボロと崩れやすく、発芽苗立ちに影響が出ます。

カルパ+カルブレンドのミックス剤では、コーティング後約2か月保管が出来る為、前もってコーティング処理を済ませておく事が出来るので、作業の分散化で効率が上がります。

それに、カルパのコーティングは2倍比重が推奨ですが、ミックス剤は等倍比重となるので、資材コストも変わりません。

キヒゲンを塗した真っ赤な籾を乾燥させて、二日後にミックス剤をコーティングします。

1