インフォメーション

2022-11-12 08:29:00

令和4年度の直播栽培収量結果が出揃いました。

全生産者様の慣行栽培(田植え)と比較し、収量増と大変喜ばしい結果となりました。

pdf 令和4年度直播栽培実績表.pdf (0.58MB)

総面積:4.5ha

栽培品種:こしいぶき(早生)/コシヒカリBL(中生)

生産者:3個人生産者、1組合法人、1生産法人

4.5haの広さは東京ドーム1個分に相当します。

東京ドームの広さがイメージ出来ない方という方は、各地域の主要スタジアムとの比較値を出しました。

関西圏の方であれば、甲子園球場の約116%。

中京地区の方ならば、ナゴヤドームの約93%

北海道の方ならば、札幌ドームの約83%

中国地方の方ならば、Zoom-Zoomスタジアム広島の約125% 

九州地区の方ならば、福岡ドームの約65%(デカいな!

東北地域の方ならば、楽天生命パーク宮城・・・詳細データが判りませんでした。

 

2022-11-06 22:09:00
令和5年度に向けた取組準備

令和5年度に向けた取組準備として、直播栽培を行った圃場と慣行栽培を行った圃場の土壌成分分析を行いました。

直播栽培を行ったことで、田植までに掛かる苗の育苗作業管理、田植え作業とそれらに掛かる資材、労力が大幅に削減が出来ました。

しかし、ただ単に削減出来たからと言って、手放しで喜んでいても何もなりません。

次のステップはどうやって収量及び品質の安定化を図るか?

経費が下がった分で収量増、品質の安定化に向けた取組が必要です、OODAを行って行きます。

という事で、作物の基礎となる土壌成分分析です。

これを行う事で、春に投入する肥料設計を考えていきます。

特に、今年はコロナ禍とロシア対ウクライナの影響等による肥料価格高騰で、肥料農薬等の資材コスト増が生産者にとって大きな負担となっています。

政府も「肥料価格高騰対策事業」として、約787億円の予算を投入して補助事業を開始しました。

pdf 令和4年度_肥料価格高騰対策事業.pdf (0.36MB)

令和4年6月~11月の期間で、令和4年度秋肥として購入された化成肥料購入費に対し、各都道府県の補助金と合わせ約14.5~17.5%の金額が補助されます。

補助金申請には、二つ以上の化成肥料低減取組を行う必要があります。

弊社が提供している土壌成分分析による施肥設計、ドローンによる施肥散布は化成肥料低減に向けた対象取組となっています。

肥料価格高騰補助金に関して不明点等ありましたら、ご質問ご相談下さい。

土壌成分分析-2.jpg

土壌成分分析-3.jpg

土壌成分分析-1.jpg

令和5年度に向けた取組準備

 

 

 

2022-10-25 15:40:00

令和4年度のドローン散布では特に種籾直播散布が、目標以上の結果となりました。

来年度(令和5年)に直播散布を検討または、興味ある方は参考として頂けると幸いです。

【左上】浸水前の種籾、【右隣】浸水しハト胸状態の種籾(下の写真赤〇が発芽直前のハト胸状態)

【左下】鉄コーティング籾、【中下】カルパー粉剤1.5倍コーティング籾、【右下】カルパー粉剤2倍コーティング籾

R4年度コーティング種籾.jpg

 

カルパー粉剤コーティングは浸水でハト胸になった段階で行います。

発芽してしまうと、コーティング中に芽が折れてしまう事で、発芽が止まってしまうので注意が必要です。

鉄コーティングでは浸水は行わず、乾籾の状態でコーティング剤を塗します。

R4年度種籾-2.jpg

2022-10-23 10:58:00
令和4,5年度向けパンフレットが出来ました。

令和4年度の計画散布も無事終了する事が出来ました。

これも生産者皆様の新しい農業への取組意欲に助けられた事と考えております。

令和5年度に向けたパンフレットが出来ましたので、ご希望の方は下記よりダウンロードして頂けます。

pdf 令和4、5年度パンフレット.pdf (0.77MB)

今年度は水稲での春の起耕前除草剤散布に始まり、元肥散布、種子空中散布、除草剤散布(初期、中期、後期)、穂肥散布、防虫防除散布、液肥散布(活性剤)と述べ100ha程を対応致しました。

特に直播散布に関しては、今年度依頼を受けた全ての生産組合法人様、個人生産者様に置いて、移植栽培以上の収量増と大変喜ばしい結果をご報告を頂きました。

また、大豆、ゴルフ場と水稲以外にも対応し、弊社運用のドローンによる散布効果にも満足して頂けた次第です。

弊社の取組に対してご興味のある方、また圃場面積が小さい、住宅街にある圃場、建造物や樹木に隣接、中山間地の棚田、他のドローンで散布を断念された方等、ご相談等承ります。

2022-09-26 22:23:00
ドローンで播種した圃場の刈入れを始めました。

台風14号の影響もほぼ無く、春にドローンで直播散布したコシヒカリの刈入れを開始しました。

🎦直播圃場コシヒカリ刈入れ

20220926-1.jpg

20220926-2.jpg

 

先に、台風翌日に資材商社の方にて、ドローン直播による収量等のデータ採取の為坪刈り。

IMG20220920141030.jpg

IMG20220920141231.jpg

 

資材商社より2種類の液肥サンプルを頂き、出穂後にドローン散布の効果も確認。

pdf ハニーフレッシュ パンフレット.pdf (0.16MB)

pdf HS-2Pro パンフレット.pdf (0.45MB)

左の稲がHS-2Proを100ml/10a散布、右の稲は散布なし

左の稲が葉の色も濃く、持った感じズッシリとしています。

ハニーフレッシュ(水和剤500g/10a)散布も全く同様で、乾燥後に籾の質量計算し収量データを出します。

期待出来そうなデータが出そうです。