インフォメーション

2022 / 11 / 20  

新しい通信方法のテスト確認をしました。

新しい通信方法のテスト確認

RTK、GNSSってなに? 👈Click

現在ドローンの飛行は、メーカーサイドによって設立準備されたRTK基地局(GNSS)を基準に、数センチメートルの誤差で完全自動航行運用しています。

メーカーのRTK基地局から半径30km以内での受信使用を前提として行っています。

これとは別にちょっと違う方法でのRTK通信のテストを行いました。

①以前RTK信号が受信し難かった場所(田植え機やトラクター等のGPSも受信できなかった)

②周りに木が生茂り30m程落差のある窪地

③両サイドが山に遮られた山間の斜面(棚田)

④新幹線高架近く、新幹線走行時もチェック

⑤高速道路脇

⑥高圧鉄塔近く

全て問題なく、RTK信号が受信出来ました。

実は、今回テストした場所って他のドローンでは機体に磁気コンパスを搭載している為、

飛行中コンパスのズレが発生する可能性が有る事で、飛行を敬遠されがちな場所です。

撮影用小型ドローンでキャリブレーションと称して、機体をグルグル回しコンパス補正を行う事があります。

大型の農業用ドローンでも同じように機体を持ってグルグル一緒に回り、コンパス補正を行います。

コンパス補正を行わなかった、キャリブレーションの不正確等での事故も当然あります。

しかし、弊社が運用しているXAG社製ドローンはそもそもコンパス機能を持っていません。

ですから、他のドローンでは飛行が敬遠される場所でも安全に飛行運用が可能です。

IMG_20221110_142037.jpg

IMG_20221110_154950.jpg